ごあいさつ

明治8年創業以来、多くのお客様に支えていただき、タナカは愛知・岐阜・三重・奈良・静岡県と、順調に成長を続けて参りました。
「お客様第一主義」「高品質と真心のこもったサービス」をモットーに、地域の皆さまの暮らしに密着した店舗展開を心がけてきました。昭和51年にPOSシステムを導入し、昭和53年に流通センターを建設。
ネットワークを通して、お客様の理想が即座に反映される売場づくりをめざしています。
昭和55年にはグループ本部制を導入し、大量一括購入を前提に最も信頼度の高い有名メーカーとの間に直流体制を敷き、高品質な商品の確保と、価格の安定を保つことに成功いたしました。
さらに平成5年3月にふとん工場を新築し、ふとん小売業としては最初のオートメーションによるふとん自動生産システムを含めた最新鋭の設備を導入し、独自のオリジナルブランドの開発と、誂えの特別注文にも対応できる、実用品から羽毛・羊毛まであらゆるふとんの生産システムを確立することができました。
そして平成19年4月にオーダー枕の専門店 「SleepING Factory」1号店を鈴鹿にOPEN。以降、SCモールを中心に全国展開しております。お陰様でオーダー枕「じぶんまくら」は全国で30万人以上の方に愛用されておりま す。
同業他社、業界の売り上げが減っていくが、店舗数、業績も右肩上がりで拡大してきているなか、今後も全国の寝具小売専門店のリーディングカンパニーとして、企業経営の近代化・効率化に積極的に取り組むとともに、お客様の多様なニーズに柔軟に対応すべく、ファッション・生活雑貨店の業態開発に力を注ぎ、常に快適な眠りと暮らしを提供することで、社会に貢献する企業であり続けたいと願っております。

代表取締役 田中 公雄