羽毛ふとんリフォーム・丸洗いクリーニング

ふとんが蘇れば、眠りが変わる。

外側のキレイと内側のキレイは
まったくの別物です。

カバーやシーツだけ洗えば、ふとんはキレイになっていると思っていませんか?
実は多くの汗や老廃物の多くが、ふとん本体に染み込んでいるんです。
人は寝ている間に、一晩で平均500mlの汗をかくと言われています。これは一年間にして、約180リットル→ペットボトル約360本分という計算になります。
実際に、人は汗をかくだけではなく、頭からはアカ(皮膚常在菌)、フケ、皮脂などもふとんに染み込みます。また汗の中に含まれた中性脂肪、たんぱく質、アンモニアなどの老廃物も含まれています。
これらのアカや皮脂を栄養にして、ダニが繁殖します。さらに、ダニの死骸やフンがふとんに蓄積されます。同時に水分からカビや雑菌も繁殖します。

お子様のアレルギー対策にも。

小児ぜんそくの80~90%はダニアレルゲンが原因と言われています。
そのうち6割は2歳までにダニに対するアレルギー反応を持つようになると言われています。
まったく洗っていないふとんの中には、2年で約10万匹のダニがいると言われており、ふとんの重さの約10分の1がダニやバクテリアの重みだと言われています。

羽毛ふとん、こうなっていませんか?

長年使った羽毛ふとんは、とても汚れています。しかし、実際にふとんの中身まで確認することはできません。その代わりに羽毛ふとんの「ヘタり具合」が寿命のサインです。羽毛は、湿気や汗で徐々に汚れ、粉々になるなど消耗していきます。このような状態では、暖かい空気を保つことができず、羽毛の機能を果たしません。

羽毛ふとん、こうなっていませんか?

大事な羽毛ふとん、中も外もキレイによみがえらせてください。

◯ 羽毛が偏ったり減ってきた・暖かさが弱くなってきた。
◯ 生地が汗や皮脂などで汚れている。
◯ 生地が薄くなってきて、中身の羽毛が吹き出ている。

詳しくはこちら

羽毛ふとんリフォーム

羽毛ふとんのリフォームとは、内部の汚れを落とし、減ったダウンを補充、傷んだ生地を新しくします。そうすることで生まれ変わったようにふっくらして、暖かさも蘇ります。また、生地の種類や洗浄方法がオーダー感覚でお選び頂けます。

羽毛ふとんの洗浄方法は2 種類

ダウンウォッシュコース

  1. 1. 洗浄・乾燥羽毛ふとんを丸ごと水洗いして、ダニやホコリを取り除きます。
  2. 2. 解体ふとんの生地と中身の羽毛とを手作業で解体します。
  3. 3. 羽毛の選別もう使えない羽毛を取り除きます。
    ふっくら綺麗になってきます。
  4. 4. 羽毛の充填新しい生地に羽毛を入れます。選別などで羽毛が減った場合は、ここで「足し羽毛」も行います。
  5. 5. 縫製一枚一枚、手作業で縫製します。個別管理で他の人の羽毛が混ざることはありません。
  6. 6. 検針元の羽毛ふとんの一部をお付けして発送します。

プラチナダウンウォッシュコース

  1. 1. 解体ふとんの生地と中身の羽毛とを手作業で解体します。
  2. 2. 羽毛の洗浄中身の羽毛の身を水洗いし、ダニやホコリを取り除きます。
  3. 3. 羽毛の選別・乾燥もう使えない羽毛を取り除きます。
    ふっくら綺麗になってきます。
  4. 4. 羽毛の充填新しい生地に羽毛を入れます。選別などで羽毛が減った場合は、ここで「足し羽毛」も行います。
  5. 5. 縫製一枚一枚、手作業で縫製します。個別管理で他の人の羽毛が混ざることはありません。
  6. 6. 検針元の羽毛ふとんの一部をお付けして発送します。

洗浄方法、仕上がりの違い

ダウンウォッシュ
羽毛ふとんを丸ごと洗った後に
解体を行います。
プラチナダウンウォッシュ
先に解体したあと、一枚ずつ個別に中身の羽毛を細かく洗浄します。

「羽毛の充填」で足される羽毛のグレードや新しくするふとんの生地のグレードも異なります。マザーグースなどの高価な羽毛ふとんや長い年数お使いになった羽毛ふとんはプラチナダウンウォッシュをオススメします。

コースは全部で6コース

洗浄方法、生地、羽毛によって異なります。

6 コース

□ シングルロングサイズ(150×210cm)

シングルロングサイズ(150×210cm)

□ ダブルロングサイズ(190×210cm)

ダブルロングサイズ(190×210cm)

※打込本数:布の密度を表します。本数が多くほど細い糸で作った布となります。
※足し羽毛:洗浄工程で減ってしまった羽毛を足す工程で使用する羽毛の量です。

ふとんの状態により「おすすめリフォーム」が異なります。
詳しくはお近くの店舗まで

店舗一覧

3年~5年近く、お手入れをしていない。丸洗いクリーニング

ふとん専門の洗浄施設にて、羽毛ふとんを丸ごと水洗いします。表面の生地はもちろん、中身の羽毛についていた汗やダニなどの汚れも綺麗になるので、経年により落ちていた膨らみも復活します。

  1. 1. 前処理丸洗い前に酵素・洗剤で前処理し、約半日置くことで汚れをゆっくり分解します。
  2. 2. すし巻きすし巻きにすることで、羽毛が傷みにくく、また中の空気が抜けるのでしっかり中まで洗えます。
  3. 3. 低速洗浄低速で洗うことで、専門店独自の洗剤がゆっくりと浸透し、アレルゲンも丸ごと洗い出します。
  4. 4. 平面乾燥ふとんを動かさず平らな状態で乾燥させます。素材ごとに温度と時間をコントロールし、風の力で乾かすので繊維を傷めません。
  5. 5. 復元乾燥ふんわりとさせるため回転式乾燥機で仕上げます。水が抜け軽くなってから、且つ短時間で処理するのでふとんを傷めません。

専門店独自の工程で、しっかり汚れを落とします!

通常の丸洗い

ふとん専門店の丸洗い

1枚 3,300円(税抜

敷ふとんなどの他の寝具も丸洗い可能です。
詳しくはお近くの店舗まで

店舗一覧